アトリエオキ 福岡県 > 福岡市中央区薬院浄水通り > フレンチレストラン > アトリエ オキ
「アトリエ オキ」は、フレンチの枠にとらわれない"OKI流フレンチ"を楽しむお店です

アトリエオキ
english
home トピック レストラン ランチ ディナー シェフ 素材について お問合せ・ご予約
material

魚

アトリエオキでは、大分県日田郡大山町の野菜・ハーブを使っています。


シェフ歴24年、
いろんな食材に出会ってきました。
その中でも、大分県日田郡大山町で
獲れる野菜が一番美味しくて、
「アトリエ オキ」では
この町の野菜やハーブを使っています。

有機栽培で減農で野菜やハーブを
作っているのだけど、
こういう人達の苦労のおかげで、
それを料理できる人がいて、
そして、それを食べる事ができる人がいる。 

やっぱり、『感謝』。
…それ以外の言葉が見つからない。

photo


photo photo photo photo

地植えのクレッソン

春にはめだかがウヨウヨ。
それだけ水がきれいだってこと。ここのクレッソンは最高に味がいい。

ルッコラ

ここのルッコラは、肉厚で味が濃い。畑からそのままボリボリ食べたくなる。

水菜

シャキシャキ感が抜群。
瑞々しくてほのかな野菜の甘みが最高。

デトロイト

ビーツの葉の部分。甘味があるのが特徴。見るからに、おいしそう!


photo 感謝して料理する


たとえば、ディール。
若い葉と成長した葉では、香りも味も違う。
香りがよくやわらかい若葉に対して、
成長した葉は、硬くて香りも少なめ。

じゃあ、成長した葉は使えないか
というと、そういうことではない。
料理によって使い分ける。

若葉はサラダなどに。
成長した葉は、魚料理に。

大事に育ててくれた野菜・ハーブを
どう活かすかは料理人次第。
素材それぞれの最高に美味しい食べ方で
お客様に提供するのが料理人の
役目だと思います。



春夏秋冬、野菜と人に会いに行く


年4回、季節ごとに大山町へ行きます。
野菜と人に会うために。

毎日、調理場で対面する野菜たち。
その野菜やハーブが育っている風景、
そして育てている人に会うと、
大事に使って美味しくしてあげたいと
ますます思う。

初心に帰る。
そのために、野菜と人に会いに行きます。

photo
ビオワイン
ページの先頭へ
photo


アトリエオキ
ありがちなフレンチではなく、OKI流フレンチを。
福岡県>福岡市中央区薬院浄水通り>フレンチ
【アトリエ・オキ】
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院4-18-15ライオンズマンションマキシム浄水通り1F
TEL : 092-525-0009/E-mail: info@atelier-oki.com
<定休日:火曜日>
*ご予約・お問合せはすべてお電話で承ります。
*メールでのお問合せにはお応えできませんのでご了承下さい。


copyright(c)2007 Atlier OKI. All rights reserved


沖シェフのスペシャリティ「オマール海老」 沖シェフとオマール 大山町の野菜とハーブ 一覧に戻る